勉強

通信講座で続けて資格取得を目指す~通信でカクカク資格GET~

学びたい人に機会を与える

決め手はわかりやすい教材

勉強

通学することが難しい人に対して、郵便やさまざまな情報通信手段によって教育を行う形態のことを通信教育といいます。そのうち、ある決まった専門的な知識を授けることを目的にしたものを通信講座と呼びます。通信講座は、学校教育法に基づいた公的機関が行うものもありますが、主に社会教育法による民間企業が行うものが多く、分野も科目も豊富です。それだけに、どの通信講座を選んだらよいか迷うのも事実です。そういった場合、教材がわかりやすく書かれているか、図や表が豊富で充実しているか、質問制度などバックアップはあるかといった点を見極めることが大切です。もし、お試し期間や見本の教材を取寄せることが出来るなら、それを利用して講座内容を確認するのも有効な決め手になります。

上手く活用するためのコツ

通信講座のメリットといえば、住んでいる地理的な条件に関係なく、自分の好きな時に自分のペースで学習できることや受講料が比較的安い点です。近くに学校が無い遠隔地の人や仕事と両立させたい社会人にとって、学ぶ機会を与えてくれる有り難いシステムです。しかし、逆をいえば通学のように決められた時間を確実に学習に充てることが無いため、セルフコントロールがきちんと出来るか否かが重要になってきます。また、学習した内容も本当に理解しているか、自分では判断しづらいものです。通信講座の中には、講師に質問できる制度やスクーリングに参加できるものがあります。こういった制度を上手く活用して自己管理の目安にするのが良いでしょう。また、テキストの内容の理解度や他の受講生との比較で学習のモチベーションを維持することが、通信講座を継続するコツです。