勉強

通信講座で続けて資格取得を目指す~通信でカクカク資格GET~

資格試験の為の勉強法

勉強の進め方をどうするか

女性

景気は回復基調にあり、雇用状況もそれに合わせて改善されてきておりますが、サラリーマンを中心に資格取得への意識がより高まってきております。仕事は生活の糧を得るためのものですが、より条件の良い会社へ転職したり、社内で評価されたいと思えば、資格取得は必須だからです。サラリーマンに人気の資格としては日商簿記検定や社会保険労務士などがあり、一般的には資格の学校に通って試験の勉強を進めていくのですが、仕事などで通学の時間が確保できない場合には、独学で勉強せざるを得ません。しかし、独学だと時間に拘束されない反面、勉強に必要な情報が入ってこない、なかなか勉強に集中できないというデメリットがあります。そこで、通学できない方の勉強の進め方として有効なのが、資格学校の通信講座です。

通信による学習のメリット

資格学校の通信講座は、通常、カリキュラムは通学と同じであり、使用するテキストも同じものになります。講義は実際のものを録画したDVD視聴や、ウェブ上の動画といった方法で受講します。定期的に必要とされる答案練習や模擬試験は郵送によって行われ、後日添削されて返ってきます。通信講座の一番のメリットは、自分の好きな時間に、実際の講師による講義を受けられる、ということです。独学であればひたすらテキストを読み込みだけですが、実際の講座を受講することで耳からも情報が入りますし、何より生ではないものの、講義の熱気を感じることができます。第二は、通信講座であっても講師とのやりとりがある、ということです。添削問題は大抵の場合、採点者がコメントを書いてくれているので、コメントに励まされることも少なくありません。通信講座は時間の取れないサラリーマンの勉強手段としてよりよい方法の一つであるといえます。